治療から予防への時代へ

​医療大革命・・・・!

日々、健康管理をする必要性の意識改革

生命の謎、量子力学で迫る!!

生物の組織や器官は分子で作られ、もっと細く見ると原子や電子にたどり着く。ミクロな世界の現象は、「量子力学」という物理法則に基づき、生命現象も量子力学を利用すればもっと理解が深まるはずだ。そんな視点で生命科学を見つめ直そうとする研究が活気を帯びてきました。生命の根源的な謎に迫り、病気の治療などにも役に立つと期待されている。

まさに、先見の明、今が旬、これもトレンドです。治療から予防への時代に向けて・・・!

なんと、日本経済新聞2019年9月1日掲載(添付画像)されました!

健康度測定機ヘルスアナライザー(量子力学)

お客様の健康管理やコミュニケーションに、
ご家族や職場の健康管理に。
手軽で簡単に健康度測定が行えます。

  • 体内各部位の電気抵抗値から健康度を計測表示。

  • 測定者は被験者情報(身長や体重等)
    を入力するだけ。

  • 試験者は測定用スティックを握るだけ。

HTB1MwhlQpXXXXXHXVXXq6xXFXXXI.jpg

日本・ロシア・中国の量子医学・生物情報科学・電子科学など
数々のハイテク理論に基づき開発された人体健康度測定器です。
最先端の電子機器により 人体の微弱電気信号・電気抵抗などの
活量を分析し健康状態をお知らせします。

◆原理

人体の微弱な電気信号や電気抵抗をグリップ式センサーで収集、 その値を本体で増幅させ、コンピューター処理を行った上で、 健康・栄養指導に基づいた機器内の標準数値と比較し、 対応する数値をモニターに表示します。

◆特徴

  1. 最先端の健康科学データに基づき、健康に関する情報を提供致します。

  2. 微弱電流を体内情報収集に用いているので、痕を残すことなく痛みもありません。

  3. 簡単な操作で、測定開始約1分後に男性254項目、女性264項目の指数を表示します。

  4. 自動で信号を取得し、東洋医学・西洋医学による分析表示します。

スクリーンショット 2019-09-03 20.52.18.png
スクリーンショット 2019-09-03 20.52.00.png

分かりやすいグラフ表示

qrm-health_09.jpg
  1. ペースメーカー利用者に対し測定を行わないでください。

  2. 被験者は金属製品・通信機器等を身に付けない様にし、そばに磁場・電磁場を発生する機器を置かない様にしてください。

  3. 測定前2日間は、アルコール・コーヒー・健康食品・薬等の服用を避け、規則正しい生活と充分な睡眠を心がけてください。

  4. 激しい運動をした場合は、1~2時間休息してから測定を受けてください。

  5. 半空腹状態で測定を受けてください。

  6. ゆったりとした暖かい衣服を着用してください。

  7. 測定時は静電気が発生しやすい着衣は避けてください。

  8. 同一人物測定後すぐの再測定はお止めください。

  9. 人体情報は常に揺らいでおりますので、今日と明日・明後日と同一な測定数値は出ません。
    大凡の目安としてお考えください。

HTB1MwhlQpXXXXXHXVXXq6xXFXXXI.jpg

人体健康度測定機

Health Analyzer(量子力学)

​【定価】356,000円(税別)

➡️販売代理店も募集しております。

お問い合わせはこちらから

メッセージを送信しました