img_29531d6e92df689b844396e8e5a13ea02565
watch-1-384x200
fitbit222
AppleWatch00
applewatch
iphone-apple-watch-ecg
apple-watch-series-4-trio (1)
FB_IMG_1567898225303

AFC-YOVO

​SUPPORT

CONCEPT

これからは治療から予防へ!人生100年時代は健康がカギ!

人生100年時代と言われているが、何をするにしても体が資本になることには変わりはない。これまで病気は早期発見・早期治療と言われていたが、最近では予防に対する意識が高い。少子高齢化に伴い、労働力年齢の減少が見られる中で心身ともに健康で居続けられるように行動することが重要だ。

ヘッディング 1

512gSyFMqDL._SX350_BO1,204,203,200_のコピー.

■健康寿命と平均寿命を縮めるために予防を意識

厚生労働省によれば、2016年の「健康寿命」は男性が72.14歳、女性が74.79歳だった。これは3年前の2013年と比較して男性が0.95歳、女性が0.58歳伸びている。また、「2016年(平成28年)簡易生命表」から算出された「平均寿命」では男性が80.98歳、女性が87.14歳だ。

健康寿命と平均寿命の差は男性で約9年、女性で約12年もある。65歳を迎え年金を受給できるようになっても、そこから10年あまりで何かしらのサポートが必要になったり、医療費がかさんだりする可能性がある。老後を健やかに暮らすためには病気にならないように日々の生活を意識しようとするのは自然な流れだと言える。

■地方自治体や企業の「予防」に向けた取り組み

病気の予防や社員の健康を考える取り組みは地方自治体や企業ですでに行われている。政府の「健康日本21」、厚生労働省のSmart Life Projectのみならず、健康経営に取り組む企業の増加など、さまざまだ。保険会社も健康増進を兼ねた保険商品の販売を開始している。健康状態に応じて払い込む保険料が安くなる商品も誕生し、健康であえばあるほどメリットを受けやすくなっている。

愛媛では男性の健康寿命が他都道府県比較でも最低水準で、県でも健康寿命の増長が急務だ。2010年からの「健康実現えひめ2010」の結果を受けて、2016年から第2次県民健康づくり計画「えひめ健康づくり21」がスタート。ここでは「栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・口腔の健康に関する生活習慣の改善が重要だ」としている(えひめ健康づくり21引用)。

県は健康診断や人間ドッグ、歯科検診などの推進のほか、自転車の利用促進に加えて、2017年には大塚製薬と「健康増進の推進に関する協定」を結び、県民の健康増進・健康寿命増伸の施策を行っている。

近い将来47%の人の仕事がなくなる
Fotolia_195979981_Subscription_Monthly_M
20190427161323.png
o0640113614173019089.jpg
o0640020013915729272.jpeg
ph02-800.jpg
FB_IMG_1563243758995.jpg

日本は着実に超高齢社会の歩みを進めています。
2025年の全人口に対する高齢者の割合は、厚生労働省の試算では75歳以上(後期高齢者)が18%、65〜74歳(前期高齢者)を含めると30%を超えるとされています。それは、世界中のどの国も体験したことのないレベルの超高齢社会に向かってハイスピードで突入することを意味します。

2025年問題は大きく分けて下記の4つがあります。

・人口問題
・医療問題
・年金問題
・介護問題

GMR Coltd.の位置付け(予防医学研究所)

医療大革命・・・! 治療から予防への時代へ・・・!

​日々、健康管理をする必要性に対し意識改革が重要なPOINTと考えております。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2019-09-03 20.52.18.png
HTB1MwhlQpXXXXXHXVXXq6xXFXXXI.jpg
maxresdefault.jpg
FB_IMG_1567898225303.jpg
iphone-apple-watch-ecg.jpg

計測(定期的)

現在、医学界でも注目されている量子力学に基づく健康度測定器の導入!

監視(AIドクター)

FB_IMG_1563243755597.jpg

​日本国内では、医師法17条、なお、厚生労働省内に我々が出来る範囲が定められております。

​レポート(99ページ)の見方は、教えれるがアドバイスは、出来ません。

海外メーカーには、アップルウォッチ、FitBit、GARMIN、サムスンなど様々なウェアラブルデバイスメーカーが存在しますが、プラットフォーム、多種機能などを考えると、VISTA;+が推奨

尚、我々は、予防医学の探求と共に、皆様の個人輸入に対し、パソコン苦手な方、もしくは、スマホ苦手な方、面倒な方を出来るだけサポートすることを目的とし、従事してまいります。

但し、あくまでも役務となりますことを予めご了承ください。

尚、VYVOシリーズを使用するのにスマホをお持ちでない方ならびに遠隔監視する人のためにスマホも用意しております。これを機に、通信費の大幅な削減を考えれれたら如何でしょうか・・・?

世に中の背景ならびに今後の将来性を考え、我々の会社(G・M・R Co.,Ltd.)の今後の方向性を決定いたしました。

そして、ビジネス展開において、末端の人まで紹介2名完成出来る確率をあげるように仕掛けを組んでおります。結果的には、それよりもどんどん紹介者を増やせることでしょう!!

完全無料で、当社提供のプラットフォームを利用できるわけです。それを、「AFC湧き水」と言います。

推奨するウェアラブルデバイスメーカー
VYVO international Pte.のCEO

創始者であるファビオ・ガルディ(Fabio Galdi)⽒は、1994年に、イタリアで2位、ヨーロッパでも5位の規模を誇るインターネットサービスプロバイダの会社を設⽴。

つまり、原点を遡ると「通信会社」ということです。そこから事業を展開し、1997年には、メコティックインターナショナルをシンガポールでスタート。

2002年には、初の液晶タッチスクリーンの⼀つを市場に発表。2005年には、成功を収めているVoIPプラットフォームの⼀つを開発。

そして、2011年にはテクノロジーとコミュニケーションの分野で、ワールドグローバルネットワーク(World Global Network)を設⽴するまでに⾄っています。

当社の主⼒製品の⼀つであるウェアラブルウォッチの「HELO」「HELO LX」をデザイン。

第三世代と呼ばれるウェアラブル事業において、世界シェアを本格的に獲得するために精⼒的に活動している会社です。

​旧ブランド、HELOは、1000,000台販売達成しております(ウェアラブル業界 世界第3位)。

世界中の人に明らかに必要とされていることが立証されております。

主な事業は

各種インターネットコンテンツ

モバイルならびに独自の通信インフラ

AR含めてデジタルテクノロジー

を中⼼として、

ウェアラブル事業に新たに参入いたしました。

Forbes(フォーブス)が打ち出したウェアラブル業界の展望

飛躍的な普及率

IDC、2019年第1四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比55.2%増の4,958万台と発表

莫大な市場規模

ウェアラブル市場は2020年には3兆4,000億円規模になると発表しています。

これに付随する市場の影響を合わせると、何倍もの市場規模になっていくことは間違いないでしょう。

スマホ時代の終わり人類の生活を根本から変える

ようやく普及が終わろうとしているスマートフォンですが、時代が終わるとまで⾔われています。

これは、⼈類の⽣活を根本から変える新たな⽂明の始まりを意味しています。

2019年までに⽣活スタイルはこのように変わるとアップル社が発表している動画があるので、ご覧になられ

てください。